セレックで製作をするオールセラミックは歯科技工士ではない歯医者が歯科医院内で製作をする事が出来るようにしたセラミックの歯の簡易版という感じのものですから、高精細という意味では劣ると言った方が良いでしょう。

歯医者はセラミックの歯を作るプロではありません。餅は餅屋という事であって、歯医者は歯を削りオールセラミッククラウンなどを装着をする事のプロであり、セラミックの歯を作るプロではありませんから、本当にこだわってキレイにするという審美歯科・歯科医院でセレックを使っているところは殆どありません。

ただ、歯科医院内で自費診療のオールセラミックの歯を簡易に即時対応をしたいという事で、セレックを入れている審美歯科もありますが、やはり、セラミック矯正、前歯のすきっ歯を治すなどのセラミックの治療をする際にセレックは使用せず歯科技工士に依頼を出すのが通常です。

 

セレックが利用される場合というのは、銀歯を使ったり、保険のプラスチックの歯は使いたくないけれども、通常の審美治療で使用をするようなものよりも安く治療が出来るオールセラミックの歯が良いという場合に多く利用をされます。

従って、セレックと比較をして、プロセラが良いのか、セルコンのジルコニアが良いのかという事にはなりません。

奥歯の銀歯をする際の比較して「セレックで充分ですよ」という言い方はしますが、「セレックが高品質でキレイな治療が出来るからこちらが良いですよ」という言い方はプロセラ、セルコンと比べてする事はほぼ皆無です。

 

高品質、高精細なキレイなオールセラミックの歯を製作をするという事であれば、セレックを選ぶという事は通常の審美歯科・歯科医院ではまずありません。

セレックが、本当に良く、セラミックの歯を作る事が専門の歯科技工士が要らないくらいに良いものであるというのであれば、既に歯科技工士はいないはずですし、また歯科医院の殆どにセレックが導入されているはずですから現状のところそうではないというところから結局はセレックはオールセラミックの歯を作る歯科技工士が作るよりも劣るという事は簡単に理解をする事が出来るでしょう。