審美歯科の治療というとたくさん複雑な事があると想われがちですが、虫歯の保険治療にせよ、審美歯科の自費の治療にせよ、処置としては同様のことをしているという事はたくさんあります。

基礎的に、「歯を削り、疾患の部位を取除き、歯の神経の処置をし、被せ物をする」という流れは変わりません。程度の違いによって、歯の神経の処置がある場合、無い場合もあります。

下記は、最も多くの基礎的な工程を踏んだものです。従って程度の違いによって、実際の治療では下記の治療工程から必要のない治療が消えていく事になります。

審美治療でオールセラミックの歯、セラミック矯正などの美容目的の治療を受けようとしている方は、特に天然の問題の無い歯を下記の工程で処置をしてオールセラミックの歯を被せるという事になるという事を理解をして頂くと良いでしょう。

どのような治療工程を踏むのか?という事を知っておくと、審美治療を受ける参考になりますし、実際に保険治療なども、一体どのような治療が行われているのかという事が分かりますから知識として知っておいて損はありません。

 

保険治療・審美治療の共通の治療工程

 

  1. 対象の歯を削る(疾患部位を除去)

    審美治療にせよ、虫歯治療にせよ対象になる歯があります。審美歯科でセラミック矯正を受けるにしても、虫歯の治療にしても基本は対象の歯にセラミックの歯、セラミックインレー、レジンなど処置を施すために先に処置をしなくてはなりません。その基礎的に審美治療にせよ、保険治療にせよ共通の工程が対象の歯を削るという事になります。

  2. 神経の処置・歯の根に薬剤を詰める(歯の神経を抜く)

    歯の神経を抜く、抜かないというのは程度によって異なります。ただ、審美治療のセラミック矯正を受ける場合、虫歯が極度に酷い場合など、保険治療にせよ審美治療にせよ程度が通常よりも大きい場合には神経を抜いて、歯の神経に薬剤を詰める治療を行います。

  3. 被物をするために土台(コア)を入れる

    神経を抜いた際には、神経の穴には薬剤が詰まっていますが、その上側は何もない状態になっており被物をする土台がありませんし神経の穴が見える状態となっています。そこに蓋をする意味と、また被物をする突起を作るという事を含めてコアという土台を装着をします。

    コアは金属のメタルコアは保険治療で使われる事が多く、自費診療のオールセラミックの歯の治療を行う際にはセラミックの下からメタルコアだと色が透けてしまいキレイに見えない場合があるためファイバーコアという金属性ではないものが採用される事が多いです。

  4. コアを入れた状態で歯の型を採取

    土台を入れた状態で歯型と採取をします。その歯型に合わせて歯科技工士が銀歯の被せ物、オールセラミッククラウンなどを製作をして、最終的に対象の歯の箇所に装着をするという事になります。

  5. 歯型からしっかりとした被物(オールセラミッククラウン、銀歯など)を作成

    歯型からしっかりとしたオールセラミッククラウン、銀歯などを歯科技工士が作成をします。早くて3日で完成をします。オールセラミックの歯などで対象部位が大きい場合には2週間程度の時間が必要になる事もあります。

  6. 作成された被物のオールセラミック、銀歯などを対象部位に装着で完了