保険治療の銀歯が口の中に入っている方は大勢いますよね。

でも、その歯科金属の弊害がだんだんと知られるようになってきています。歯科が保険治療で使う歯科金属はパラジウムとその他の金属を混ぜて使用をする、パラジウム合金というもので銀歯の被せ物を作成をしています。

案外とアクセサリー、腕時計から肌が荒れて金属アレルギーに気がつくという方は多いのですが、腕時計もしないし、アクセサリーも金属アレルギーにならない素材のもので気をつけている方で原因不明の肌荒れに悩まされており困っているという方が案外といます。

盲点となっているのですが、その際に口の中に銀歯があるという事が案外と多くあるのです。

 

銀歯が口の中にあるのは・・・金属アレルギーの原因を供給し続けているのと同義

そもそも、パラジウム、ニッケルなどで製作をされているものは日常生活に溢れていて、その製品程度で金属アレルギーの症状である肌荒れが出てしまうという方は、口の中に銀歯があるというのは・・・あまり良い事であるとは言いがたいのは誰でもすぐに理解をする事が出来るのではないかと思います。

肌に金属が触れているだけで肌が荒れるというのに・・・その金属が口の中にあるというのは、金属アレルギーの原因を毎日毎日舐め続けているという事を同義です。

だからこそ、何か原因不明の肌荒れ、大人ニキビなどケアをしても一向に良くなっていく事がない肌のトラブルを抱えているという方は自分の口の中に銀歯がないか?という事を確認をして、銀歯があるのであれば、歯科金属を口の中から取り除くという事が大変に重要な事です。口の中に歯科金属があるとうのは、繰り返しになりますが、口の中で直接金属アレルギーの原因を受け取り続けているという事と同義語という事になるのです。

保険治療で歯科金属ではないものに取り替える治療を受けるのは可能か?

歯科の保険治療の銀歯を金属が使用されていないものに取り替える事は出来るのかという事は大変に興味のある事になると思います。

残念ながら現在の健康保険の適用範囲を定めている法律の下では、歯科金属を取り除くための治療であっても、金属を使用をしていないオールセラミックの素材は法律上保険適用として認められていませんから、保険治療でそれを受けるという事は出来ません。

何か違和感を感じる方もいるかもしれませんが、これが法律となっている以上は何を言っても仕方ありませんから、オールセラミックの歯の治療を受けるという際には自費診療で、銀歯をオールセラミックの歯に取り替えるという事しか方法がありません。

アマルガムという水銀を使った金属の詰め物であれば、保険適用のレジンというプラスチックの詰め物に取り替える事は出来ますが、銀歯という被せ物を歯科金属が使われていない被せ物に取り替える場合にはレジンで被せ物を作る事は出来ませんから、自費診療のオールセラミックの歯で治療をするしか方法がありません。

自身の金属アレルギーの有無を調べて、金属アレルギーではない歯科金属を使用をする事は可能か?

金属アレルギーが心配という方で、金属アレルギーのパッチテストをして金属アレルギーの有無を調べて金属アレルギーの反応が出ない保険適用の歯科金属で治療をする事を相談をされる方がいらっしゃいます。

そのように出来れば良いのでしょうが、そもそも金属アレルギーというものメカニズムを誤解をしていらっしゃるという事が言えます。

金属アレルギーというのは、特定の金属によって反応をする体質だと思い込みがちですが、内容はそうではありません。その金属イオンを取り込んでも金属アレルギーの反応が起こらない上限値というものが個人によって異なるわけです。なので、どの金属であっても金属アレルギーの反応が出るという上限の値を越えて身体に金属イオンが入ってしまえば金属アレルギーの反応が起こってしまうのです。

ジュエリーの金属で肌が荒れるなどアレルギーがある方は歯科金属も要注意

だから、現段階では金属アレルギーの反応が出ないという事でも口の中に何かしらの歯科金属を入れるという事は、その歯科金属からイオン化した金属を取り込み続けるわけですから、いずれ受けれても金属アレルギーが起こらない上限値を越えて、またその歯科金属が原因と考えられる金属アレルギーが発症をしてしまう可能性というのはあるわけです。

ですから、パッチテストをして反応が出ないから大丈夫というのは、日常生活に於いて手で触ったり、アクセサリーとしてオシャレをする程度の接触くらいのものと考えて頂いた方が良いでしょう。

歯科の口の中の金属というのは口の中の事ですから、口の中に金属があればダイレクトにその金属イオンを身体に取り込み続けるという事になるので、やはり歯科金属を口の中に入れないという選択をした方が良いのです。

そのようになると、つまり自費診療のオールセラミックの歯の治療を受けるしか方法が残されていないという事なのです。

 

歯科金属を使用をしないオールセラミックの歯の治療費の値段はどれくらい?

歯科金属を使用をしないオールセラミックの歯の治療費はいったいいくらくらいなのでしょうか?

自費診療で高額と言っても歯の治療に、まさか1本10万円以上なんて事はないでしょうって思っている方もいらっしゃると思いますが、オールセラミックを使った自費診療は、実際にはかなり高額な治療費が設定をされています。

だいたい1本の治療につき安くても8万円程度に設定されています。ただ、平均的には1本10万円を越える治療費の設定がされているという事が一般的であって、1本の平均的なオールセラミックの歯の値段は13万円~18万円の間だと思って頂いた方が良いです。

ここまで高額だとなかなか、オールセラミックの歯の治療を受ける事が出来ないと絶望的な気分になる方もいらっしゃるかもしれません。

金属アレルギーの弊害を受けっぱなしで銀歯のままでいなければならないのか・・・と・・・

 

でも、心配をしないで下さい。審美歯科でも、本当に良いオールセラミックの歯の治療を、従来型の審美歯科、歯科医院の3分の1程度のお値段設定で治療を受ける事が出来る審美歯科サービスが人気となっているのです。

 

東京、神奈川、大阪、名古屋でオールセラミックの歯の治療が低価格で受けられる審美歯科サービス

下記は当サイトのコンテンツですが、東京、神奈川、大阪、名古屋の各都市で高品質なオールセラミックの歯の治療を提供をしている人気の審美歯科サービスの紹介をしています。

歯科医院で良さそうなところを見つけても、実際に自身が住んでいる地域からかなり遠かったりするという事もあって、なかなか良い歯科医院が身の回りにないという方もいるかもしれません。この審美歯科サービスであれば、東京、神奈川、大阪、名古屋で展開をされていますので、便利に高品質なオールセラミックの歯の治療を各都市で受ける事が出来るのです。

オールセラミックの歯の治療が高額過ぎて困っている方は、この機会にこの人気の審美歯科サービスの紹介を確認をして頂いて、歯科金属を使われている銀歯をオールセラミックの歯に取り替えるという事を検討をして下さい。

東京でセラミックの歯が安い審美歯科

名古屋でセラミックの歯が安い審美歯科

大阪でオールセラミッククラウンの審美治療が安い審美歯科